1. ホーム
  2. 話題
  3. 梅雨にしっとりアジサイ2千株 平塚・河内川で見ごろ

梅雨にしっとりアジサイ2千株 平塚・河内川で見ごろ

話題 神奈川新聞  2018年06月07日 02:00

梅雨空に映えるアジサイ2千株=平塚市河内
梅雨空に映えるアジサイ2千株=平塚市河内

 平塚市西部の旭地区を流れる河内川の両岸に植えられている約2千株のアジサイが、見ごろを迎えている。関東地方も梅雨入りした6日は、雨傘を手にした市民らが紫や赤紫、青色の花々をめでながら散策を楽しんでいた。

 都市化の影響で悪化した河川環境を改善しようと「河内川あじさいの会」(石井豊会長)が植栽を始めたのは20年前。その距離は鎌倉橋(公所)から下河原橋(山下)までの1・4キロに及び、2005年からは「あじさいまつり」も開催されて地域活性化につながっている。

 近隣の女性(82)は「会の方々に手入れをしてもらって例年通りにきれいに咲いた。河原の雰囲気が明るくなっていいですね」と話していた。

 まつりは17日、旭北公民館などで午前10時~午後3時。アジサイの挿し木教室や模擬店などが出店する。問い合わせは、石井会長電話0463(33)5034。


シェアする