1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 小此木・国家公安委員長「あおり運転対策努める」

東名事故1年 
小此木・国家公安委員長「あおり運転対策努める」

政治行政 神奈川新聞  2018年06月06日 12:16

 大井町の東名高速道路で、後続車にあおられ停止させられたワゴン車が大型トラックに追突され、静岡市の夫婦が死亡した事故から1年を迎えた5日、小此木八郎国家公安委員長(衆院3区)は閣議後会見で、「『あおり運転』はさまざまな手段で抑止しなければならない。引き続き総合的な対策に努める」と述べた。

 事故について小此木氏は「あらためて、あってはならない思い」と強調。あおり運転など危険な運転に巻き込まれた場合は「安全を確認しつつ、ちゅうちょなく110番をしてほしい」と呼び掛けた。

 警察庁は今年1月、悪質、危険な運転を抑止するため、全国の警察に対して厳正な捜査の徹底と積極的な免許停止の行政処分を求める通達を出している。


シェアする