1. ホーム
  2. 社会
  3. 【ひとすじ】「山の神」新たな挑戦 

富士通企業スポーツ推進室・柏原竜二
【ひとすじ】「山の神」新たな挑戦 

社会 神奈川新聞  2018年06月06日 09:03

右手のサインが象徴的だった。東洋大の絶対的エースとして4年連続4度目の往路優勝に導いた柏原さん=2012年1月2日、箱根町の芦ノ湖畔
右手のサインが象徴的だった。東洋大の絶対的エースとして4年連続4度目の往路優勝に導いた柏原さん=2012年1月2日、箱根町の芦ノ湖畔

 東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)の山上りの5区で活躍し、「山の神」と呼ばれた柏原竜二(28)が新たな道を力強く走っている。2017年3月に5年間在籍した富士通陸上競技部を引退。同社の企業スポーツ推進室に配属となり、17年シーズンはアメリカンフットボール部のマネジャーを務める傍ら、子どもたちに走り方を教えたり、トークショーで自身の経験を伝えたりしている。アスリートが少しでも輝くために-。自身の知名度を生かした活動を“走りながら”模索している。

 2009年1月、急勾配のコースでもスピードは全く衰えない。また一人、また一人と各校のランナーを抜いていく。4分58秒差の9位でたすきを受けた1年生ランナーは、トップの早大を猛追。芦ノ湖のゴール地点では早大に22秒差をつけてゴールテープに先頭で飛び込んだ。

 東洋大を初の総合優勝に導く活躍で、「山の神」と称された。衝撃的な箱根デビューを果たすと、5区では4年連続で区間賞を獲得。卒業するまでの4年間で3度の総合優勝に貢献し、同大の黄金時代の立役者になった。

 「競技生活は32、33歳くらいまで。その中で1回は五輪へ行きたい。マラソンで2時間6分台を目指したい」。12年春、大学屈指のランナーは富士通陸上競技部に入社した。誰もが輝かしい未来が待っていると疑わなかった。しかし、アキレス腱(けん)の痛みなどに苦しみ、思うような記録を残せない。


富士通の企業スポーツ推進室での仕事への思いを明かす柏原さん=川崎市中原区
富士通の企業スポーツ推進室での仕事への思いを明かす柏原さん=川崎市中原区

  勝負のシーズンと位置付けた16年もけがでイメージ通りに走れなかった。「そういう時間が長くなるのは苦しい。駅伝で生き残る道もあったが、五輪を目指すと表明した人間がしがみつくのはどうかな、と。自分の人生。決断に迷いはなかった」。マラソンのベストタイムは2時間20分45秒だった。まだ27歳。周囲は早すぎる引退と騒ぎ立てたが、昨年3月に現役生活に別れを告げた。

 ただ、大学陸上界のヒーローの行く末を注視していた男がいた。アメリカンフットボールの強豪、富士通フロンティアーズのゼネラルマネジャー(GM)、常盤真也だ。前年に日本一を決めるライスボウルを制したチームに、「トップアスリートとして刺激を与えられる存在かもしれない」とフロンティアーズのマネジャーに指名した。当の柏原にとっては青天の霹靂(へきれき)で、「アメフットに投げ込まれるとは思っていなかった。まずは一歩踏み込むことが大事だったので、あえてどういう仕事かイメージもしなかった」。アメフットとは無論、縁はなく、ルールを学ぶために毎晩のようにプレー動画を見た。緊張から寝付けない夜もあった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする