1. ホーム
  2. 社会
  3. 元気に育って 開成町の園児が緑のカーテン作り

元気に育って 開成町の園児が緑のカーテン作り

社会 神奈川新聞  2018年06月05日 11:13

ゴーヤーの苗を植える園児=開成幼稚園
ゴーヤーの苗を植える園児=開成幼稚園

 緑のカーテン作りを通して自然環境を大切にする意識を育もうと、開成町立開成幼稚園(同町牛島)で5月30日、年長の園児27人が府川裕一町長や町の公式マスコットキャラクター「あじさいちゃん」と一緒にゴーヤーの苗の植え付けを行った。

 地球温暖化対策の一環としてゴーヤーの苗を配布している町の取り組みの一環で、初めて実施した。園児たちは素手でプランターの土を掘り、苗を植えて「上手にできた」と笑顔。先生に「大事に育てられるかな」と聞かれると、元気よく「はい」と答えた。

 園児が植えた30株のゴーヤーは、剪定枝(せんていし)を受け入れている町グリーンリサイクルセンター(同町金井島)で造った堆肥を使って育て、園舎や園庭にある遊具の緑のカーテンにする。

 同園は「子どもたちが手をかけて育てることで、命の大切さや思いやりの気持ちを育んでほしい」と期待していた。


シェアする