1. ホーム
  2. 社会
  3. 二輪走行妨害で懲役6年求刑 地裁公判、7日判決

二輪走行妨害で懲役6年求刑 地裁公判、7日判決

社会 神奈川新聞  2018年06月05日 02:00

横浜地裁
横浜地裁

 急な車線変更でオートバイの走行を妨害し、信号柱に衝突させて高校2年の男子生徒=当時(17)=を死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)の罪に問われた男(53)=横浜市保土ケ谷区=の裁判員裁判の論告求刑公判が4日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)であった。検察側は懲役6年を求刑、弁護側は無罪を主張して結審した。判決の言い渡しは7日。

 検察側は論告で、

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする