1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 〈時代の正体〉極右政治団体日本第一党を抗議の市民が包囲 川崎に高まる反ヘイト機運

〈時代の正体〉極右政治団体日本第一党を抗議の市民が包囲 川崎に高まる反ヘイト機運

時代の正体 神奈川新聞  2018年06月03日 00:55

日本第一党の街宣活動に抗議する市民ら=川崎駅東口
日本第一党の街宣活動に抗議する市民ら=川崎駅東口

【時代の正体取材班=石橋 学】人種差別団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)前会長の桜井誠氏が党首を務める極右政治団体・日本第一党の街宣活動が2日、川崎駅前であり、差別に反対する市民約200人が抗議に集まった。同党最高顧問の瀬戸弘幸氏が川崎市教育文化会館で3日に計画している講演会を巡って許可の判断を下している市への批判も重なり、反ヘイトの市民運動が高まりを見せた格好となった。
 
 同党県本部のメンバー十数人を市民が幾重にも取り囲み、間断なく「レイシスト、帰れ」と連呼し続けた。

 〈多文化共生の川崎はヘイトを許さない〉

 〈私たちが差別をなくさなければ、差別が私たちの社会を破壊する〉

 〈この街に差別主義者の居場所はない〉

 〈川崎の街は差別主義者を許さない〉

 無数に掲げられたプラカードが、差別扇動が公然と行われようとしているという重大な事態を道行く人々に伝えた。


日本第一党の街宣活動に抗議する市民ら=川崎駅東口
日本第一党の街宣活動に抗議する市民ら=川崎駅東口

 同市中原区の女性(67)は市の対応に憤り、初めてカウンター行動に参加した。「レイシストの集会を守り、市民を守ろうとしていないから」。当初は控えめにプラカードをかざしているだけだったが、響く怒声がヘイトスピーチをかき消し、レイシストの心をくじく効果を知り、「私も声を張り上げます」とコールの輪に加わった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする