1. ホーム
  2. 話題
  3. 香り、甘さが自慢 枝豆の出荷始まる

香り、甘さが自慢 枝豆の出荷始まる

話題 神奈川新聞  2018年06月02日 11:54

枝豆の出荷作業をするパートの女性ら=横須賀市津久井
枝豆の出荷作業をするパートの女性ら=横須賀市津久井

枝豆の出荷作業をするパートの女性ら=横須賀市津久井
枝豆の出荷作業をするパートの女性ら=横須賀市津久井

 三浦、横須賀市内の農家で枝豆の出荷が始まった。両市の農家4軒でつくる生産者グループ「三浦はねっ娘会」は7月下旬までのシーズン中、約60万袋の出荷を見込む。

 例年、父の日(6月第3日曜日)と海の日(7月第3月曜日)前が出荷のピーク。同グループの岩崎重夫会長(67)の作業場(横須賀市津久井)では、パートの女性らが枝豆の切り取りや洗浄、傷のチェック、袋詰めに汗を流した。

 枝豆は都内や県内の百貨店、スーパーに並び、各農家で直売もしている。「今年は例年よりも豆の付き具合が良い。香りと甘さが特長なので、子どものおやつにもどうぞ」と岩崎会長。


シェアする