1. ホーム
  2. 社会
  3. 講演や詩の朗読 平和考える催し

講演や詩の朗読 平和考える催し

社会 神奈川新聞  2018年06月02日 02:00

 平和について考える催し「平和をきずく市民のつどい」が3日、川崎市中原区木月住吉町の市平和館・中原平和公園で開かれる。弁護士の武井由起子さんが憲法をテーマに記念講演するほか、子どもらによるパフォーマンスなどが行われ、模擬店も出店する。

 1982年6月に、市は核兵器廃絶平和都市を宣言。この宣言を実りあるものにしようと、翌83年から反核区民の会など市民有志らでつくる実行委員会が毎年開催している。武井さんの講演は「9条改憲と日本の平和」と題して午後2時ごろから。沖縄の高校生が書いた詩の朗読、子どもたちのダンスやけん玉パフォーマンス、旧陸軍登戸研究所(多摩区)のパネル展示も行われる。

 イベントは午前10時~午後3時半。いずれも入場無料。問い合わせは、実行委員会事務局電話080(3461)4003。


シェアする