1. ホーム
  2. 社会
  3. ホール天井崩落、川崎市が敗訴 地裁「建築主に過失なし」

ホール天井崩落、川崎市が敗訴 地裁「建築主に過失なし」

社会 神奈川新聞  2018年05月31日 19:19

東日本大震災の影響で天井仕上げ材などが落下したミューザ川崎シンフォニーホール(2011年8月)
東日本大震災の影響で天井仕上げ材などが落下したミューザ川崎シンフォニーホール(2011年8月)

 東日本大震災の際、ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市幸区)の天井の一部が落下したのは施工不良が原因として、川崎市が建築主の都市再生機構(UR)と清水建設など施工業者7社に、復旧工事に要した費用など約20億5千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が31日、横浜地裁であった。石橋俊一裁判長は「建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵(かし)はない」として、請求を棄却した。

 訴訟では、同ホールを本拠地とする東京交響楽団(東響)と所属演奏家も、公演会場の変更を余儀なくされたため不必要な経費負担や逸失利益があったとして、UR側に約1億4千万円の損害賠償を求めていたが、同様に棄却された。

 訴訟で市側は、つり天井を支えるボルトやフック状金具の設置間隔をもっと狭めるべきだったと主張したが、石橋裁判長は「建築当時、そのような技術水準があったとは認められない」と指摘。さらにフック状金具の耐久性についても、想定地震時に受ける慣性力との比較で問題はないとし、「フック状金具を用いたことは瑕疵に当たらない」と述べた。

 判決を受け、福田紀彦市長は「早急に判決内容を詳細に分析し、弁護士とも協議を行った上で、今後の対応について検討したい」とコメント。東響の大野順二楽団長は「とても残念。ホールが使えなかった2年間のわれわれの苦労が裁判所に届かなかった」と話した。

 URは「当機構の主張が認められたものと考えている」とした。


ミューザ川崎
ミューザ川崎

報道関係者に公開されたミューザ川崎シンフォニーホールの復旧工事現場。天井部分の耐震性が向上している=川崎市幸区(2012年5月)
報道関係者に公開されたミューザ川崎シンフォニーホールの復旧工事現場。天井部分の耐震性が向上している=川崎市幸区(2012年5月)

シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕

  2. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  3. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  4. 東海道線で人身事故、1人死亡 大磯駅

  5. 【台風19号】山北の給水車問題 黒岩知事が陳謝

  6. 【台風19号】日産スタジアムの遊水地 過去3位貯水量に

  7. 「ばれなければ大丈夫…」 男子高校生買春で小学校長逮捕

  8. 性行為を生中継 出演者募った男を逮捕

  9. ベイ、ドラフト1位に桐蔭・森敬斗 2位は立命大・坂本

  10. 【台風19号】箱根の鉄道、道路寸断続く 秋の観光に打撃