1. ホーム
  2. 社会
  3. 日本料理店からものづくり拠点へ 真鶴テックラボ開設半年

日本料理店からものづくり拠点へ 真鶴テックラボ開設半年

社会 神奈川新聞  2018年05月31日 11:54

カウンターなど日本料理屋当時の設備を残しつつ、先進的な機材などが置かれる「真鶴テックラボ」=真鶴町真鶴
カウンターなど日本料理屋当時の設備を残しつつ、先進的な機材などが置かれる「真鶴テックラボ」=真鶴町真鶴

 相模湾に突き出た小さな半島に位置し、漁業や石材業で栄えた真鶴町に、ものづくりを支える場が生まれてから半年が過ぎた。先進的な機材を取りそろえ、県西地域で初という創作拠点施設「真鶴テックラボ」は、もともとは日本料理店だった。「真鶴を良くしたい」との気持ちが強かった亡き店主の遺志を継ぎ、町内外の人たちを結び付けながら町の活性化を目指している。

 引き戸を開けると、木のカウンターやテーブルが並んだ小上がりのある温かみのある空間に、やや似つかわしくない3Dプリンターやレーザーカッターが目に飛び込んでくる。

 真鶴テックラボは、真鶴町観光協会が運営し、ものづくりの機材や通信環境を備えた民営施設として昨年11月にオープンした。シャワー室などが設置され、1日単位から24時間利用でき、シェアオフィス事業も手掛ける。7年ほど前まで、ここが風情ある日本料理店だったことは、施設のあちこちからうかがえる。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする