1. ホーム
  2. 話題
  3. リトアニアってどんな国? 事前キャンプの平塚で大使講演

リトアニアってどんな国? 事前キャンプの平塚で大使講演

話題 神奈川新聞  2018年05月30日 02:00

リトアニアの歴史や魅力などを紹介するゲディミナス・バルブオリス駐日大使=平塚市役所
リトアニアの歴史や魅力などを紹介するゲディミナス・バルブオリス駐日大使=平塚市役所

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けた北欧リトアニアの事前キャンプが開催される平塚市で今月、同国のゲディミナス・バルブオリス駐日特命全権大使による講演会が開催され、市民ら約50人が熱弁に聞き入った。同市の市民有志約10人が30日から7日間、訪問団として同国を訪れるため、事前レクチャーも兼ねて企画された。

 講演会は18日にあり、同大使は国の歴史や見どころなどを紹介。緯度的には北海道に近く、5月が気候的に一番過ごしやすいと説明した上で「ビールがおいしい国。クラフトビールのお供に、イモ製の肉団子『ツェッペリーネ』を試して」などと語り掛けた。

 日本からの観光客は2010年は8千人以下だったというが、16年には3倍に急増。旧市街地など欧州らしい街並みや世界遺産に魅了され、リピーターも現れているという。訪問団の一人で、桜を寄贈する市観光協会の福澤正人会長は「日本に来たリトアニア人をもてなすため、そのヒントをつかめるよう、さまざまな所を見てきたい。今回の訪問が市民レベルでの文化交流のきっかけにもなったら」と話した。


シェアする