1. ホーム
  2. カルチャー
  3. コスモス100万本見ごろを迎える くりはま花の国

コスモス100万本見ごろを迎える くりはま花の国

カルチャー 神奈川新聞  2016年10月21日 02:00

見ごろを迎えているコスモス=横須賀くりはま花の国
見ごろを迎えているコスモス=横須賀くりはま花の国

 横須賀市神明町の公園「横須賀くりはま花の国」で、コスモスが見ごろを迎えている。ピンクや黄色など色とりどりの花を咲かせ、来場者の目を楽しませている。

 公園内のポピー・コスモス園(約1・8ヘクタール)には4種類約100万本のコスモスが植えられている。同公園広報によると、9月の日照不足などの影響で、全体的な開花時期は例年より2週間ほど遅いという。

 市内に住む主婦(43)は「黄色と白いコスモスがきれい。透けている様子を裏側から見るのもいい」と話していた。

 開花時期に合わせて「コスモスまつり」が開かれており、最終日の30日には花摘み大会が開かれる。午後2~4時。荒天中止。問い合わせは、同公園電話046(833)8282。


シェアする