1. ホーム
  2. 社会
  3. 90歳運転の車、赤信号進入 歩行者4人死傷 茅ケ崎

「信号赤 分かっていた」
90歳運転の車、赤信号進入 歩行者4人死傷 茅ケ崎

社会 神奈川新聞  2018年05月29日 02:00

事故現場付近を調べる捜査員ら。歩道に乗り上げた乗用車はブルーシートに覆われている=28日午後1時5分ごろ、茅ケ崎市元町
事故現場付近を調べる捜査員ら。歩道に乗り上げた乗用車はブルーシートに覆われている=28日午後1時5分ごろ、茅ケ崎市元町

 28日午前10時55分ごろ、茅ケ崎市元町の国道1号で、乗用車が交差点に進入した後に歩道に乗り上げ、横断歩道を渡るなどしていた男女4人をはねた。女性1人が死亡したほか、男女3人が軽いけが。運転手も軽傷を負った。

 茅ケ崎署は同日夜、乗用車が赤信号で交差点に突っ込んだとみて、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで、運転していた無職の女(90)=同市若松町=を逮捕した。署によると、同容疑者は逮捕前の任意の聴取に「(車道の)信号が赤だとは分かっていたけれど、歩行者が横断歩道を渡り始めていなかったので通過できると思った」などと話しているという。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする