1. ホーム
  2. 話題
  3. 伊勢原「大山こま」後継者育成へ 記録映像を製作

伊勢原「大山こま」後継者育成へ 記録映像を製作

話題 神奈川新聞  2018年05月25日 10:14

大山こまの歴史や製造風景などを紹介した記録映像
大山こまの歴史や製造風景などを紹介した記録映像

 伊勢原市は、江戸時代から続く大山土産の定番「大山こま」の製造風景や歴史を紹介した記録映像を製作した。

 大山こまは市の無形民俗文化財で、赤、紺、紫のラインが入る。昭和30年代の最盛期には大山地区の30軒ほどで製造され、全国の玩具店に出荷されていた。ただ、現在の職人は5人。平均年齢も80代と高齢化しており、後継者不足が深刻な課題となっている。

 記録映像は子どもたちに関心を持ってもらい、将来的に後継者に手を挙げてもらおうと製作した。映像は約20分で、約6分の短縮版も用意。文化庁の補助金324万円を使い、製作はテレビ神奈川に委託した。

 日本遺産の大山詣(まい)りの記録映像とともに動画投稿サイト「ユーチューブ」に掲載したほか、市内の小中学校に配布した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会