1. ホーム
  2. 話題
  3. 川崎の伝統野菜「のらぼう菜」、収穫ピーク

川崎の伝統野菜「のらぼう菜」、収穫ピーク

話題 神奈川新聞  2020年03月22日 14:00

川崎の伝統野菜「のらぼう菜」を収穫する高橋さん=川崎市多摩区
川崎の伝統野菜「のらぼう菜」を収穫する高橋さん=川崎市多摩区

 川崎市内で受け継がれてきた伝統野菜「のらぼう菜」の収穫が最盛期を迎えている。多摩区菅地区の農家高橋孝次さん(88)は、10アールほどの畑で約3千株を栽培。暖冬で雨も多かったことから出来栄えは上々という。

ピザにもオムレツにも のらぼう菜「ちょい足し」で新風味に

 のらぼう菜は、約800年前から同地区に伝わるアブラナ科の野菜。菜の花より甘みが強く、おひたしやゴマあえ、天ぷらにするとおいしいという。

 今年は、鳥が嫌う春菊をコンパニオンプランツ(共栄作物)として一緒に栽培する新たな試みにも挑戦。ヒヨドリの食害が抑えられた。「川崎の素晴らしい財産。みんなに味わってほしい」と高橋さん。収穫は5月上旬まで続くという。

 高橋さんの直売所では1束200円で販売。問い合わせは、高橋さん電話044(944)6194。


シェアする