1. ホーム
  2. 経済
  3. 小田原・箱根の観光業、8割超が「影響」 商議所調査

新型コロナ
小田原・箱根の観光業、8割超が「影響」 商議所調査

経済 神奈川新聞  2020年03月20日 15:09

新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、小田原・箱根エリアの観光業の8割超が「経営に影響が生じている」と受け止めていることが18日までに、小田原箱根商工会議所の緊急アンケートで明らかになった。全体でも3割超が「影響」を実感しており、県内経済への打撃は深刻そうだ。同商議所は「国の救済制度などをうまく伝...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする