1. ホーム
  2. 話題
  3. ご当地カレーに舌鼓 横須賀でイベント

ご当地カレーに舌鼓 横須賀でイベント

話題 神奈川新聞  2018年05月21日 14:32

グランプリのトロフィーと「元祖とまこまいみそカレーラーメン」を手にする広報部長のキャンドールキーさん
グランプリのトロフィーと「元祖とまこまいみそカレーラーメン」を手にする広報部長のキャンドールキーさん

 全国のカレーを一堂に集めたイベントとして国内最大級規模の「よこすかカレーフェスティバル」が19、20の両日、横須賀市稲岡町の三笠公園で開かれた。20回の節目の今回は2日間で約5万3千人が訪れた。

 来場者投票で選ぶ「全国ご当地カレーグランプリ」には23種がノミネート。昨年2位だった北海道苫小牧市の「元祖とまこまいみそカレーラーメン」が初の1位に輝いた。

 同市では「とまこまいカレーラーメン振興局(TCRS)」を民間有志で組織しPRに努めてきた。同ラーメン育ての親で局長の田中康明さんが先月、59歳で急逝。応援ソングを担当する広報部長の歌手・キャンドールキーさんは「横須賀のグランプリは田中さんはじめみんなの悲願。大変な励みになる」と盛り付けをしながら笑顔を見せていた。

 フェスは横須賀市や横須賀商工会議所などでつくる「カレーの街よこすか推進委員会」などの主催。今回はダンスとのコラボをはじめ家族連れでの参加を促す新企画を取り入れた。

 上地克明市長は「大変な事態を乗り越えて出店いただき感謝します」とカレーラーメンブースを表敬。第20回の開催内容を「味覚に視覚と聴覚が加わって、さらに楽しくなった」と総括した。


シェアする