1. ホーム
  2. 話題
  3. 名店肉まん自宅で 中華街・招福門 材料キット販売

名店肉まん自宅で 中華街・招福門 材料キット販売

話題 神奈川新聞  2020年03月19日 11:54

招福門で手作り肉まんキットの販売が始まった=横浜市中区
招福門で手作り肉まんキットの販売が始まった=横浜市中区

 本格飲茶を味わえる横浜中華街の名店「招福門」(横浜市中区)は18日、肉まん作りを自宅で楽しめる材料キットの販売を公式サイトで始めた。「凄旨!逸品伝授・肉饅頭(まんじゅう)の素」と銘打ち、20日からは店舗でも取り扱う。

 肉まん4個分を手作りできるキットは、発酵時間を短縮できるようブレンドした粉と、レトルトパウチした味付け済みの肉だね入り。動画投稿サイト「ユーチューブ」内にある「横浜中華街 招福門」チャンネル内では2分ほどのレシピ動画を配信し、プロの技を伝授している。

 同店では、4歳から小学3年生くらいまでの子どもを対象に、春や夏の長期休暇期間に点心教室を開催。肉まんを動物の顔型に成形するアニマルまんじゅう作りが人気なため、「親子で専門店の味を自宅で遊びながら再現してほしい」と、約2年ほど前から商品開発に取り組んできた。

 企画した常務執行役の北村徹さんは「家庭でのコミュニケーションツールとして活用してほしい」と呼び掛けている。

 1620円。取り扱いは、横浜本店の売店や通販サイト(https://shofukumon.shop-pro.jp/)など。


シェアする