1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 管鍼術の始祖しのぶ 江の島で「杉山祭」

管鍼術の始祖しのぶ 江の島で「杉山祭」

カルチャー 神奈川新聞  2018年05月14日 12:22

杉山和一の墓前に玉串をささげる参列者=藤沢市江の島
杉山和一の墓前に玉串をささげる参列者=藤沢市江の島

 はり治療で用いる細い管と針を組み合わせた「管鍼(かんしん)術」を考案した杉山和一(わいち)(1610~94年)をしのぶ「杉山祭」が13日、藤沢市江の島で行われた。鍼灸(しんきゅう)マッサージ師や盲学校関係者ら約70人が参加。和一の墓前で、今に伝わる技の切磋琢磨(せっさたくま)を誓った。

 県鍼灸マッサージ師会(伊勢山竹雄会長)の主催。「健康寿命が注目される時代に、鍼灸マッサージの良さと和一の功績を広く発信していきたい」と、命日(旧暦5月18日)近くの第2日曜に墓前祭と江島神社での感謝祭を合わせて実施している。

 和一は幼少時に病のため失明。はり治療で身を立てようとするが習得が進まず、弁財天祈願に訪れた江の島で断食修行中に転んだ際、丸まった枯れ葉(竹筒との説も)に入った松葉に刺さったことからヒントを得て、管鍼術を編み出したと伝わる。

 将軍に仕え、盲人の最高官位である検校(けんぎょう)となった後も江の島参拝を続けており、亡くなった翌年、江戸の墓所とは別に江の島にも墓碑が設けられた。墓前祭では、宮司による祝詞奏上の後、参列者が玉串をささげた。感謝祭後に老舗旅館で開かれた懇親会では、宝井琴調さんが和一のエピソードをまとめた講談を披露した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会