1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 待機児童数は45人 綾瀬市、2018年4月現在

待機児童数は45人 綾瀬市、2018年4月現在

政治行政 神奈川新聞  2018年05月12日 12:12

 綾瀬市は、市内保育所の4月1日現在の待機児童数が45人(前年比2人減)だったと明らかにした。

 昨年以降は厚生労働省が示した新定義に基づいて集計している。希望施設に入れないが待機児童の扱いを受けない保留児童は27人(同9人減)だった。

 市内の認可保育所は10施設で、既存施設1園の定員増に伴い、今年4月1日時点の定員は1004人(同40人増)だった。

 近年、待機児童数(4月1日現在)は40人台で推移。待機児童の解消に向けて6月ごろ、寺尾地区に定員50人の保育所が整備される予定だ。


シェアする