1. ホーム
  2. 社会
  3. 自然環境親しむ 学びの場を開校 藤沢

自然環境親しむ 学びの場を開校 藤沢

社会 神奈川新聞  2018年05月08日 10:36

多くの市民でにぎわった5日の開校記念イベント=藤沢市江の島
多くの市民でにぎわった5日の開校記念イベント=藤沢市江の島

 海の環境保全などに取り組むNPO法人「湘南ビジョン研究所」(藤沢市鵠沼桜が岡)が、地域住民の学び場として市民大学「湘南VISION(ビジョン)大学」を開校した。体験を通じて自然環境や生物について学ぶことができる「実践講座」が中心で、今月5日には同市江の島で開校記念イベントを開催。関係者は地域の魅力の再発見にもつなげようと意気込む。

 同法人は、2011年に任意団体として発足し、13年に法人化。美観や安全性などの基準を満たしたビーチに与えられる国際認証「ブルーフラッグ」の取得の広がりを目指し、湘南地域でイベントや勉強会などを開いている。

 ただ近年は若者の海離れが進み、昨年の日本財団による意識調査によると、「海にとても親しみを感じている」との回答は10~20代で3割を下回り、10代の約4割が「海に入ることが好きではない」と答えた。

 こうした結果を踏まえ、同法人は海離れを防ごうと海に親しむことができる1回限りの講座を年間20コマ企画。そのうち半数は公募し、市民提案の講座を実施する。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする