1. ホーム
  2. 話題
  3. バルタン店長とパチリ  川崎「怪獣酒場」でAR

バルタン店長とパチリ  川崎「怪獣酒場」でAR

話題 神奈川新聞  2018年05月07日 10:20

拡張現実アプリでバルタン星人が登場するキャンペーン=怪獣酒場
拡張現実アプリでバルタン星人が登場するキャンペーン=怪獣酒場

 怪獣酒場(川崎市川崎区駅前本町)でバルタン星人と記念撮影-。KDDI(本社・東京)はスマートフォンでバルタン星人を撮影できる拡張現実(AR)アプリを開発し、5月31日まで、同店内で撮影キャンペーン(有料)を行っている。

 ウルトラマン・シリーズの怪獣が「夜な夜な憂さ晴らしに来る店」をコンセプトに、店内装飾やメニューを作っている人気店。貸し出されたスマホを席でかざすと、店長のバルタン星人が現れ、瞬間移動や分身、はさみ状の手から光線を出している様子を見たり、撮影したりできる。

 KDDIの担当者は「店では、週2回くらいイベントで怪獣が出るが、それ以外の日でも、バルタン店長と記念写真が撮れるなど楽しめ、親子連れらに好評」と説明。「さまざまな施設でキャラクターを使った応用もでき、2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、外国人観光客にアピールできる」と期待する。

 専用スマホの貸し出しは7分(100枚撮影可)で千円(税別)。問い合わせは、同店電話044(210)5565。


シェアする