1. ホーム
  2. カルチャー
  3. ピラニア餌付けに挑戦 「刺激」テーマに企画 シーパラ25周年

ピラニア餌付けに挑戦 「刺激」テーマに企画 シーパラ25周年

カルチャー 神奈川新聞  2018年05月03日 10:36

来館者がつまんだ餌に群がるピラニア =八景島シーパラダイス
来館者がつまんだ餌に群がるピラニア =八景島シーパラダイス

 肉食魚として知られるピラニアに客が手で直接餌付けできる企画が、横浜・八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)で行われている。餌を引きちぎる感触や集団で食らいつく光景はスリル満点。担当者は「恐怖の体験となること間違いなし」と挑戦を呼び掛けている。7月8日まで。

 南米のアマゾン川に生息する全長約20センチの「ピラニア・ナッテリー」を約100匹飼育している展示用水槽をそのまま使用。間近でとがった白い歯を見ることもできる。“挑戦者”は飼育員の監修の上、業務用の軍手を二重に着用して餌のアジの半身を持ったまま水槽内に腕を突っ込む。

 ピラニアは「意外と臆病」といい、しばらくは様子をうかがって周辺を泳ぐが、数十秒たつと俊敏な動きで餌を引っ張ったりかみついたりする。同市鶴見区から訪れた会社員、宮田竜馬さん(26)は「ジェットコースターとはまた違うスリルを楽しめた」と冷や汗を拭った。

 同園は開業25周年を記念し、「刺激」をテーマに企画を展開。餌付けの他にも浅瀬でエイと直接戯れたり、サメの補食を見学できたりと多彩な体験を堪能できる。

 午前9時~午後9時(GW期間は日により異なる)。水族館エリアへの入館料は大人3千円、小中学生1750円。餌付けは9歳以上が参加でき、1回300円(先着15人)。問い合わせはシーパラダイス電話045(788)8888。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会