1. ホーム
  2. 話題
  3. 横浜で初心者向けにヨット講習開く

横浜で初心者向けにヨット講習開く

話題 神奈川新聞  2018年04月29日 11:30

八景島マリーナでヨットを楽しむ人たち=2017年7月、横浜市金沢区
八景島マリーナでヨットを楽しむ人たち=2017年7月、横浜市金沢区

 横浜市金沢区の港湾施設「八景島マリーナ」で5月から、初心者向けヨットスクールが開講する(昨年の様子)。2020年東京五輪セーリング競技が江の島(藤沢市)で行われることから、市民らの関心に応えようと講習内容を充実させる。

 ヨットスクールは、施設を管理運営する横浜港振興協会と市ヨット連盟が16年から共同で始めた。中学生以上を対象にした「技術習得コース」は5月から10月までの毎月第1、3土曜日と第2、4日曜日の計24回。経験豊富なインストラクターが艇に同乗して指導する。

 18年度は開催日数を増やして参加しやすい日程を選べるようになった。新たな試みとして小学3年生以上の「無料体験コース」や、「ジュニア特別コース」を設け、セーリングスポーツの普及を目指している。

 技術習得コースは丸1日の日程で、定員は各回12人で先着順。横浜市民の料金は大人8千円、中学生4千円。市外は大人1万円、中学生5千円。予約・問い合わせは、八景島マリーナ電話045(788)8822。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕