1. ホーム
  2. 話題
  3. 命名「元気ぱんだ」 横須賀の障害者施設内のゆるキャラ

命名「元気ぱんだ」 横須賀の障害者施設内のゆるキャラ

話題 神奈川新聞  2018年04月27日 15:40

「元気ぱんだ」に名前が決まったconeruのゆるキャラ(清光園提供)
「元気ぱんだ」に名前が決まったconeruのゆるキャラ(清光園提供)

 障害者支援施設「清光園」(横須賀市武)の施設内パン店「元気パン coneru(コネル)」のゆるキャラの名前が「元気ぱんだ」に決まった。同店は命名を記念して28日から5月6日まで、パンを購入した客にもう一つパンをプレゼントするキャンペーンを行う。

 同店は2016年10月にオープン。1周年を記念した昨年の感謝祭でオリジナルのゆるキャラをお披露目し、名前を公募。市内外から300を超える応募があり、最多だった「元気ぱんだ」に決まった。愛称はこれまでも子どもたちが呼んでいた「ぱんくん」に決定。食パンから生まれたパンダという設定で、男の子だという。

 同店では平日、知的障害がある通所者も一緒に袋詰めなどの軽作業を手伝っている。「大型連休中もおいしいパンを焼いてお待ちしています」と来店を呼び掛けている。

 営業時間は午前10時~午後4時。コッペパンにあんこやマーガリン、葉山牛入りコロッケなど好みの具材を選んで入れられる「コッペコーナー」のラストオーダーは午後3時15分。期間中の5月2日は休み。問い合わせは、同店電話046(884)8885。


シェアする