1. ホーム
  2. 経済
  3. 【決算】コーエーテクモHD増収増益 新作が好調

【決算】コーエーテクモHD増収増益 新作が好調

経済 神奈川新聞  2018年04月27日 02:00

 ゲームソフト開発のコーエーテクモホールディングス(横浜市港北区)が26日発表した2018年3月期連結決算は、売上高が前期比5・1%増の389億2600万円、営業利益が33・4%増の117億1100万円、純利益は12・0%増の130億1700万円で、いずれも過去最高を更新する増収増益となった。

 国内家庭用ゲーム市場規模が2年連続でハード、ソフトとも前年を上回ったという中、シリーズ新作の「信長の野望・大志」や「真・三國無双8」などが好調だった。

 3カ年の中期経営計画も公表。全世界で販売本数500万本級のパッケージゲーム、ユーザー売り上げが月商10億円超のスマートフォンゲームを発売し、21年3月期は売上高が510億円、営業利益は170億円を目指す。

 19年3月期の連結業績予想は、売上高が5・3%増の410億円、純利益は4・0%減の125億円と見込む。


シェアする