1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 新オルガニスト25日にコンサート 川崎・幸

新オルガニスト25日にコンサート 川崎・幸

カルチャー 神奈川新聞  2018年04月24日 13:52

新オルガニストの大木麻理さん
新オルガニストの大木麻理さん

 ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市幸区大宮町)の新ホールオルガニストに大木麻理さん(33)が就任し、25日午後7時から、同ホールで演奏会(ナイトコンサート)を行う。

 ホールオルガニストは、コンサートの出演だけでなく、パイプオルガンなど楽器のメンテナンスを行う。大木さんは、静岡市出身で東京芸大卒。ブクステフーデ国際オルガンコンクール優勝などの受賞歴を持つ。3月末の就任披露会見で「ミューザのオルガンはいい音だと言ってもらえるようコンサートをたくさんしたい」と抱負を語った。

 演奏会では、これまでのホールオルガニストの近藤岳さんも出演。パイプオルガンの演奏で、バッハ「『音楽の捧(ささ)げもの』よりリチェルカーレ」、サンサーンス「交響曲第3番『オルガン付き』より『第2部マエストーソ』」などを披露する。チケットは自由席千円、SS指定席2千円。同日のランチタイムコンサート(午後0時10分~、500円)にも出演する。問い合わせは同ホール電話044(520)0200。


シェアする