1. ホーム
  2. カルチャー
  3. Vゾーンに秘密あり スタイリストが見る小池百合子スタイル

女性自身
Vゾーンに秘密あり スタイリストが見る小池百合子スタイル

カルチャー 神奈川新聞  2016年10月17日 12:52

Vゾーンに秘密あり スタイリストが見る小池百合子スタイル(写真:女性自身)
Vゾーンに秘密あり スタイリストが見る小池百合子スタイル(写真:女性自身)

「知事はオシャレ上級者。基本はシンプルですが、テーラードジャケットを着て男性議員さんたちの背広姿に調和しながらも、色や素材、アクセサリー使いなどでご自身の立場もサラリと主張されています」

 そう話すのは、スタイリストのマツミキこと松島三季さん。目が離せないのは小池百合子都知事(64)の政治手腕だけにあらず。そのお仕事ファッションを絶賛するマツミキさんが、小池都知事のファッションを解説してくれた。

●色&素材使いでバランスをとる

「シンプルなコーディネートでありながら、色と素材で大人感が演出されています。たとえば、素材によっては安っぽく見えがちな黒い服ですが、ジョーゼットなどの素材で高級感を出しています」

●アクセサリーこそこだわりを

「ネックレス、スカーフ、ブローチ、とアクセ使いの達人。ショートヘアなので、イヤリングはとってもお似合い。大ぶりなネックレスのときはイヤリングは小ぶりなものにするなど、バランス感覚も◎」

●胸元のVゾーンを美しく見せる

「キャスター出身とあって、テレビに映る上半身の見え方をよく意識されていると思います。襟付きの1つボタンジャケットで胸元に深いVゾーンを作ることで、お顔もスッキリ見え、エレガントに」

●メークまで手を抜かない

「イタリアのマダムの美しさは、しっかりメークと、アクセサリー使い。小池さんもリップやチークにしっかり色を入れています。多忙ななかでもメークをきちんとして、よく手間をかけていると思います」

 マツミキさんは、小池都知事のお仕事ファッションを、60代、70代のお出かけスタイルでまねしてほしいと語る。

「今年は黒が流行していますが、つまらなくなりがちな黒い服も、差し色などのちょい足しや素材の工夫で楽しく安っぽくない着こなしにしたり。また、スカートは大人らしい丈をキープ、ダイヤより地金のネックレスを選ぶなど、控えめで華美になりすぎない装いにも注目。60代、70代の方にはお出かけスタイルとしてぜひまねしてほしいですね。そして何より公務でお忙しいなか、毎日きちんとメークをされたり、手間をかけたオシャレに脱帽です!」【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。

【関連記事】
小池百合子 独身なのになぜ…“同居”する5人の正体
小池百合子「時の権力者」に乗り続けた女の「勝負勘」
小池百合子目論む“40年来ボーイフレンド”同伴での都庁入り
小池百合子を支える「キーマン5人衆」時給7300円の実力
小池百合子 スタート1カ月…先輩女性知事が「都政採点」


シェアする