1. ホーム
  2. 経済
  3. 横浜信金、クラウドで中小企業支援 業界初、全国展開も

横浜信金、クラウドで中小企業支援 業界初、全国展開も

経済 神奈川新聞  2018年04月20日 02:00

横浜信用金庫
横浜信用金庫

 横浜信用金庫(横浜市中区)は19日、中小企業の経営課題にワンストップで応える経営支援クラウドサービスの提供を開始した。大手企業などとの事業マッチングから福利厚生まで、中小企業の多様なニーズに包括的に対応する業界初の会員制サービスで、経営者のみならず従業員も利用できるのが特徴。大手企業約300社がパートナー提携し、サービスの全国展開も視野に入れる。

 同信金が開始したクラウドサービスは「Yokohama Big Advance(ヨコハマ・ビッグ・アドバンス)」。

 サービスの柱は四つ。会員サイト上でのビジネスマッチングのほか、異分野の連携による新事業創出を目指すオープンイノベーション、経営や助成金、入札など企業のニーズが高い情報の提供、そして福利厚生だ。ビジネスマッチングでは、入力した情報を基に人工知能(AI)が最適な組み合わせを判断する。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする