1. ホーム
  2. 経済
  3. 売上高が過去最高 「たまプラーザテラス」と「武蔵小杉東急スクエア」

売上高が過去最高 「たまプラーザテラス」と「武蔵小杉東急スクエア」

経済 神奈川新聞  2018年04月18日 10:27

多くの買い物客でにぎわうたまプラーザテラスの「テラスマルシェ」
多くの買い物客でにぎわうたまプラーザテラスの「テラスマルシェ」

 東急モールズデベロップメント(東京都渋谷区)は運営する商業施設「たまプラーザテラス」(横浜市青葉区)と「武蔵小杉東急スクエア」(川崎市中原区)の2017年度の売上高が、過去最高を記録したと発表した。消費者が「コト消費」を重視する中、駅利用者や地域住民のニーズを取り込んだ。

 たまプラーザテラスは、前年度比4・5%増の250億1千万円。グランドオープンした10年以降、7年連続で最高売り上げを更新した。17年春オープンの成城石井セレクトのほか、ユニクロ、東急ストア、無印良品などの大型店が売り上げを伸ばした。物販ではアパレルが好調で、業種全体の6割の店舗が前年の売り上げを上回った。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする