1. ホーム
  2. 話題
  3. 「湘南ゴールドどら焼」が好評 川崎の和菓子店

「湘南ゴールドどら焼」が好評 川崎の和菓子店

話題 神奈川新聞  2018年04月12日 11:11

さわやかな味と香りにこだわった「湘南ゴールドどら焼」
さわやかな味と香りにこだわった「湘南ゴールドどら焼」

 和菓子店の東照(とうてる)(川崎市川崎区本町)は、県特産のかんきつ類「湘南ゴールド」を使った風味豊かな「湘南ゴールドどら焼」を開発し、本格的に販売を始めた。果実をマーマレード状にして、白あんに練り込み、「湘南のさわやかな味と香り」を閉じ込めた逸品で好評だ。

 湘南ゴールドは、県農業技術センターがゴールデンオレンジ(黄金柑(おうごんかん))と温州ミカンを交配して開発。これを利用して「味にこだわった和菓子を」と県観光協会から昨春、同店に開発の依頼があった。味や香りを生かすため試行錯誤を重ね、横浜の百貨店で開かれた同協会の物産展で試作品を販売。千個が売れ、今年からの本格生産を決めた。

 「香りを引き出すため、果汁だけではなく、皮も使って半日煮込み、マーマレード状にして白あんに練り込む」と岩瀬亘克(のぶよし)社長。手作業のため、手間はかかるが、湯河原産の湘南ゴールドを使い、県内産にこだわった。

 パッケージも相模湾をイメージし、神奈川らしい土産品になるようにした。夏ごろまでの季節限定で1個200円。問い合わせは同店電話044(244)5221。


シェアする