1. ホーム
  2. 話題
  3. マンホールに川崎宿 広重の浮世絵でPR

マンホールに川崎宿 広重の浮世絵でPR

話題 神奈川新聞  2018年04月10日 11:07

東海道川崎宿の浮世絵をデザインしたマンホールふた=川崎区砂子
東海道川崎宿の浮世絵をデザインしたマンホールふた=川崎区砂子

 川崎市は、歌川広重が描いた東海道川崎宿の浮世絵をデザインした下水道用マンホールふたを川崎区内に設置した。同区の「東海道川崎宿を活かした地域活性化推進事業」の一環で、下水道に関心を持ってもらうとともに東海道川崎宿をアピールし魅力を高める狙いだ。

 ふたは、歌川広重が描いた「東海道五拾三次」の「川崎 六郷渡舟」をデフォルメしたオリジナルのデザイン。同区本町-下並木間の旧東海道の本町交差点、砂子交差点、京急線八丁畷駅西口前など7カ所に設置した。

 かつて市内のデザイン・マンホールふたといえば、市民の花のツツジと市民の木のツバキをデザインしたものだったが、昨年3月、同市のブランドメッセージ「Colors, Future! いろいろって、未来。」と書かれたマンホールふたを新設。それに続くもので、市上下水道局管路保全課は「デザインを活用した効果的な取り組みを今後も検討していきたい」と話している。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会