1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 都内で中国人排斥デモ 新型肺炎口実に極右団体

都内で中国人排斥デモ 新型肺炎口実に極右団体

時代の正体 神奈川新聞  2020年03月01日 05:00

ヘイトデモに抗議する市民が掲げたプラカード=東京都中央区銀座
ヘイトデモに抗議する市民が掲げたプラカード=東京都中央区銀座

 ヘイトスピーチを繰り返す極右政治団体「日本第一党」は29日、東京・銀座で中国人を排斥する差別扇動デモを行った。新型肺炎の流行を口実に憎悪をまき散らす蛮行。道行く市民からも「言っている内容もやる時期も全て間違っている」と厳しい非難が上がった。

 差別・排外主義団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)前会長の桜井誠党首を先頭に、中国人の蔑称である「シナ人」を連呼。「中国からの流入を止めろ」などと政権批判を装いながら敵意をあおり、迫害の正当化を企てた。

 川崎、相模原市で在日コリアンを攻撃するヘイト街宣を続ける瀬戸弘幸氏、中村和弘氏ら幹部も参加。「差別をやめろ」と沿道から抗議する市民を「コロナウイルスをまき散らす日本民族の敵だ」とデマで中傷し、手にした日章旗で殴り掛かる場面もあった。


差別に抗議する市民に日章旗で殴りかかるヘイトデモ参加者
差別に抗議する市民に日章旗で殴りかかるヘイトデモ参加者

 通りがかりの男子大学生(22)は「差別を正当化したいのだろうが、対策を求めるのに差別は必要ない。困っているのはお互いさまなのに」とあきれ、女子大学生(21)も「何の解決にならないどころか、警察の警備など不要な労力を使わせている」と眉をひそめた。

 大通りを練り歩いた約100人の参加者は首相官邸前に向かうと「無策な安倍は殺人者」「新型肺炎にかかれ」などと約1時間にわたって叫びながら、「シナ人だけでなく朝鮮人も入れている」「(買い占めをしているのは)やはり朝鮮人か」と在日コリアンへのヘイトスピーチも織り交ぜた。

「差別の典型的手法」
社会学者 瀧大知さんに聞く

 人権NGO「外国人人権法連絡会」事務局次長でヘイト団体の実態に詳しい社会学者の瀧大知さんにこの日のヘイトデモの危険性について聞いた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする