1. ホーム
  2. 話題
  3. 横須賀の身近な自然紹介 市がガイド作成

横須賀の身近な自然紹介 市がガイド作成

話題 神奈川新聞  2018年04月09日 17:34

身近な自然満載 横須賀市がガイド作成
身近な自然満載 横須賀市がガイド作成

 地域の自然の魅力を再発見してもらおうと、横須賀市が「横須賀 身近な自然ガイドブック」を作成した。市内の自然が豊かな場所を「海」「川」「山」などタイプ別に分けて、各所で見られる植物や生き物を紹介している。

 ガイドブックは、A4判縦二つ折りで24ページのフルカラー。市職員や市自然・人文博物館の学芸員らが4年以上かけて市内を調査した結果をまとめた。

 有名な公園や海岸だけではなく、トンボが見られる水辺として「衣笠中学校前」を挙げるなど、“穴場”も数多く紹介。各ページには、「猿島の砂浜は黒い色をしています。これは砂に多くの砂鉄が含まれるためです」などの豆知識が添えられている。

 市自然環境共生課は、「幅広い世代の人に自然に触れてもらい、市外の人にも横須賀の良さを感じるきっかけになれば」と話している。

 ガイドブックは、各行政センターや市自然・人文博物館などで配布。問い合わせは、市自然環境共生課電話046(822)9749。


シェアする