1. ホーム
  2. 話題
  3. 自分仕様の星空を 望遠鏡購入費寄付で特典・平塚市博物館

自分仕様の星空を 望遠鏡購入費寄付で特典・平塚市博物館

話題 神奈川新聞  2018年04月05日 10:19

平塚市博物館のプラネタリウム
平塚市博物館のプラネタリウム

 今夏の火星大接近に合わせて天体望遠鏡を購入する平塚市博物館が、ふるさと納税の一形態として、インターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)を始めている。特典として、プラネタリウムの特別投影への招待といった博物館ならではの返礼品を用意した。

 口径35センチの反射屈折式望遠鏡購入費の約半額に当たる100万円を、一口5千円以上で6月29日まで募る。目標額に届き次第終了する。

 特典は、市民向けと市外の人向けにそれぞれ用意。市民には(1)望遠鏡のお披露目会と初観測会(7月14日夜)招待(2)プラネタリウム特別投影(同15日午後)招待-などがある。


平塚市博物館のプラネタリウム
平塚市博物館のプラネタリウム

 市外の人向けは、寄付額ごとに(5千円以上、1万円以上、5万円以上)に分けた。いずれの金額でもお披露目会と初観測会に招くほか、5万円以上の寄付者にはプレミアム投影(7、8月の3回予定)への招待を用意。「誕生日の星空を映すなど、招待者の要望を聞いて構成する」というオーダーメード番組になる。

 寄付は、博物館ウェブサイトからクレジットカード決済で。4日午後6時現在で9人から16万円が寄せられている。問い合わせは、博物館電話0463(33)5111。


シェアする