1. ホーム
  2. 経済
  3. 景況感、4期連続横ばい 1~3月期中小調査川崎信金

景況感、4期連続横ばい 1~3月期中小調査川崎信金

経済 神奈川新聞  2018年04月05日 02:00

 川崎信用金庫(川崎市川崎区)は、1~3月期の「市内中小企業景気動向調査」の結果を発表した。景況感の回答で「よい」から「悪い」を引いた業況判断指数(DI)は0・0で、前期(昨年10~12月期)比0・5ポイント減だった。

 同金庫は「景況感は昨年4~6月期から4期連続の横ばい。市内中小企業の売り上げは総じて堅調だったが、仕入れ価格の割高感から収益面で景況感が伸び悩んだ」とみている。次期(4~6月期)は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする