1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 新愛称決まる 寒川総合体育館

新愛称決まる 寒川総合体育館

政治行政 神奈川新聞  2018年04月05日 02:00

4月1日から愛称が「シンコースポーツ寒川アリーナ」となった寒川総合体育館
4月1日から愛称が「シンコースポーツ寒川アリーナ」となった寒川総合体育館

 寒川総合体育館(寒川町宮山)でネーミングライツ(命名権)が導入され、1日から愛称が「シンコースポーツ寒川アリーナ」となった。

 町では新たな財源確保のため、2016年8月にネーミングライツ導入ガイドラインを定めており、今回が町施設の第1号。建物には新たな看板も登場した。

 町によると、契約期間は3年間で年額100万円。命名権者のシンコースポーツ株式会社(本社・東京都中央区)は同体育館の指定管理者グループの一員で、21年3月31日までの指定管理期間に合わせたという。

 町はガイドラインで、指定管理者が命名権において第1優先者となると規定している。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング