1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. 打線沈黙、春いずこ 4月4日・阪神戦

横浜DeNA1-2阪神
打線沈黙、春いずこ 4月4日・阪神戦

ベイスターズ 神奈川新聞  2018年04月05日 02:00

【横浜DeNA-阪神】8回裏横浜DeNA2死二、三塁。一打逆転の場面で、見逃し三振の筒香=横浜
【横浜DeNA-阪神】8回裏横浜DeNA2死二、三塁。一打逆転の場面で、見逃し三振の筒香=横浜

【横浜DeNA-阪神】8回裏横浜DeNA2死二、三塁。一打逆転の場面で、見逃し三振の筒香=横浜
【横浜DeNA-阪神】8回裏横浜DeNA2死二、三塁。一打逆転の場面で、見逃し三振の筒香=横浜

阪神
010 010 000|2
000 000 010|1
横浜DeNA

【フルマーク】流れ断ち波に乗れ




 40歳のバースデーを迎えたハマスタが泣いている。記念日に大音量で奏でられたのは六甲おろしだった。

 1点ビハインドの八回1死二、三塁。豪腕マテオを迎えた打席の桑原は開幕からわずか2安打。この日も全打席で内野への打球で凡退していた。

 ラミレス監督ら首脳陣は、ベンチで「代打佐野」も検討したというが、最後はリードオフマンから降格した背番号1の奮起に懸けた。だが、

「ここで打てばスランプを脱してくれると思った」という指揮官の期待もむなしく、力ないフライが飛んだ。

 続く筒香は、フルカウントから内角いっぱい、152キロの直球に見逃し三振に。嫌な流れを主砲のバットで取り返したい場面だった。

 若手が見せ場をつくってくれていた。21歳の飯塚は6回2失点と好投し、反撃の八回は新人トリオが続いた。楠本が敵失で二塁を陥れると、神里の右前適時打で代走の一走宮本も一気に三塁へ。さらに神里はこの日2個目の二盗でチャンス拡大。その奮起に応えられないまま、昨季負け越した阪神にいきなり土をつけられた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする