1. ホーム
  2. 話題
  3. 羽生結弦“全治3カ月でもショー出演”にあった60億円の重圧

女性自身
羽生結弦“全治3カ月でもショー出演”にあった60億円の重圧

話題 神奈川新聞  2018年03月30日 16:01

羽生結弦“全治3カ月でもショー出演”にあった60億円の重圧(写真:女性自身)
羽生結弦“全治3カ月でもショー出演”にあった60億円の重圧(写真:女性自身)

 右足首のケガのため、世界選手権を欠場した羽生結弦(23)。大会期間中の3月21日にはリハビリの一環として氷上に立っていたことが明らかになったが、あくまで感覚を失わないように滑る程度。本格的な練習再開のめどは立っていないという。

 3月7日にスケート連盟が発表した羽生のケガの状況は「約2週間の安静と3カ月間のリハビリが必要」というもの。そんななか心配されているのが、羽生のアイスショー出演だ。

 羽生は4月13日から行われるアイスショー『Continues~With Wings~』への出演がすでに決定しているが、滑るのではなくあくまでトークのみでの参加になるという。そうした“変則的な形”でもあえて出場する背景には、アイスショーを巡る“巨額の興行収入”が大きく影響しているようだ。

 「このアイスショーは、1万人の観客を動員する一大イベント。3日間の開催で、4億円近いチケット収入が見込まれているんです。それだけではありません。グッズ販売やスポンサーからの後援料を含めると、総収入は7億円を超えるともいわれています」(広告代理店関係者)

 さらに羽生の“金メダル凱旋興行”は、これだけでは終わらない。今後7月まで、じつに多くのアイスショーが予定されているのだ。

 「それらの興行収入を合計すると、60億円近い額になるといわれています。興行が成功すれば、かかわっている連盟の懐も潤います。そのため連盟は、羽生選手をできるだけ多くのショーに参加させようとしているんです。4月のアイスショーはトークのみの参加で済まされるかもしれませんが、羽生選手のリハビリが終わるとされているのは6月ごろ。無理な出演をさせられ、ケガが悪化しないと良いのですが……」(スポーツ紙記者)

 「全治3カ月でもショーへ!」と望むスケート連盟からの“非情指令”。「60億円の重圧」を抱え、羽生の再出発は前途多難となりそうだ。【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。

【関連記事】
羽生結弦 金メダルの陰に「夢捨てて支えてくれた姉の存在」
羽生結弦 臆病だった少年時代、パート掛け持ちで支えた母
羽生結弦 パートナーと決別…五輪連覇のため下した苦渋の決断
浅田真央 年収4億円も…プロ転向で出演料2倍のバブル到来
「愛車は2千万円ベンツ発言の高梨沙羅が参考にすべき人とは?」


シェアする