1. ホーム
  2. 話題
  3. 逃走カピバラ「カッピー」 動物園公開へ準備チュー

逃走カピバラ「カッピー」 動物園公開へ準備チュー

話題 神奈川新聞  2020年02月21日 05:00

平塚市総合公園内の「ふれあい動物園」に引き取られたカッピー
平塚市総合公園内の「ふれあい動物園」に引き取られたカッピー

 湘南地域を半年ほど放浪し、昨年の大みそかに捕獲されたカピバラの「カッピー」が、平塚市総合公園内の「ふれあい動物園」に引き取られた。同園を運営する民間業者が公開に向けて市などと協議を進めている。長い迷子生活から安住の地を得たカッピーは、平塚の新たなアイドルとしてデビューの日を待つ。

 カッピーは2、3歳の雄で体長約1メートル。藤沢市内でペットとして飼われていたが、昨年6月に飼い主の元から逃走した。茅ケ崎市の小出川河川敷にすみ着き、2度の台風をしのいだ後、西に向かって各地を転々。子(ね)年を前にした亥(い)年の大みそか、大磯町内でイノシシ用の檻(おり)で捕獲された。

 一度は飼い主の元に戻されたが、引き取り手を探して同園に連絡。「カピバラは人気者。以前から飼ってみたいと思っていた」という同園にとって“渡りに船”で、1月20日に引き取ることになった。

 現在は室内の暖房付きケージで過ごしながら、天気のいい日は外の運動場で伸び伸びお散歩。気持ち良さそうにぬるま湯につかったりもしている。同園の大越知美飼育係長は「食欲もいいし元気。でも野生の暮らしが長かったので人間を見ると逃げてしまう。飼育員さえ近づけない」と話す。


平塚市総合公園内の「ふれあい動物園」に引き取られたカッピー
平塚市総合公園内の「ふれあい動物園」に引き取られたカッピー

平塚市総合公園内の「ふれあい動物園」に引き取られたカッピー
平塚市総合公園内の「ふれあい動物園」に引き取られたカッピー

 実際、見た目に反してすばしっこく、高さ1メートルのフェンスも飛び越えて飼育員の手を焼かせる。この「逃げ癖」がお披露目に向けて最大のハードルといい、「今は人に慣れさせている状態」(大越係長)としばらくは様子見の状況だ。

 まだ同園での公開が決まったわけではないが“外野”はすでに盛り上がっている。同園には「公開はいつ」との問い合わせもあり、落合克宏市長は会見で「子年は繁栄の年でネズミは子だくさん。平塚の出生率も上がってくれれば」と公開を待ちきれない様子。

 カッピーの本当の名前は「チョコ」。大越係長は「元の飼い主の意向を大切にしたいが、世間的にはカッピー。悩ましいところ」。カピバラへの“チュー目”が続く1年になりそうだ。


シェアする