1. ホーム
  2. 事件事故
  3. コインロッカーから猫の鳴き声 捨てた女性を書類送検

コインロッカーから猫の鳴き声 捨てた女性を書類送検

事件事故 神奈川新聞  2020年02月20日 19:20

 コインロッカーに猫を遺棄したとして、大船署は20日、動物愛護法違反(遺棄)の疑いで、鎌倉市在住の会社員の女性(30)を書類送検した。女性は「飼うつもりで知人から譲り受けたが、家族に反対され、捨ててしまった」と供述し、容疑を認めている。

 沖縄だけにいるカメを横浜の神社で発見 絶滅危惧種

 書類送検容疑は、2019年12月10日午後7時45分ごろ、同市大船1丁目の商業施設のコインロッカー内に、猫1匹を遺棄した、としている。

 署によると、猫は白色で推定3カ月のオス。女性は遺棄する1週間前に職場の同僚から譲り受けたが、家族に飼育を反対された。女性は「同僚にも返せず、猫が弱って死んでしまう可能性があることは分かっていたが、捨ててしまった」と供述しているという。

 翌11日、通りがかった女性が猫の鳴き声に気づき、商業施設の警備員に知らせて発覚。署によると、防犯カメラに猫をロッカーに入れる女性の姿が写っていた。猫は現在、里親の元で健康に育っているという。


シェアする