1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 相模原駅地下2階構想 小田急多摩線延伸計画で市

相模原駅地下2階構想 小田急多摩線延伸計画で市

政治行政 神奈川新聞  2018年03月21日 02:00

 小田急多摩線延伸計画で新設構想がある相模原駅について、相模原市が地下2階構造、駅構造物の最下部は深さ約20メートルと想定していることを19、20日の市議会本会議一般質問で明らかにした。中村昌治氏(自民党相模原)、長友義樹氏(颯爽(さっそう))の質問に加山俊夫市長らが答えた。

 同市は唐木田駅から相模原駅まで

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする