1. ホーム
  2. 社会
  3. 無形文化遺産候補に「チャッキラコ」と「山北のお峰入り」

無形文化遺産候補に「チャッキラコ」と「山北のお峰入り」

社会 神奈川新聞  2020年02月20日 05:00

お峯入りで大野山から神明社に向かう「道行き」=2012年10月、山北町
お峯入りで大野山から神明社に向かう「道行き」=2012年10月、山北町

 国の文化審議会は19日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産への登録を目指す国内候補に、全国各地に伝わる豊作祈願や死者供養の踊り「風流踊(ふりゅうおどり)」を選んだ。盆踊りや念仏踊りなどとして伝承された23都府県の37件をまとめて一つの遺産とみなし、3月末までに政府がユネスコに申請書を提出。2022年11月ごろのユネスコ政府間委員会で登録可否が審査される見通しだ。

 風流踊は、華やかに着飾った人々が笛や太鼓の演奏、歌に合わせて踊る民俗芸能。日本三大盆踊りに数えられる秋田県の「西馬音内の盆踊」や岐阜県の「郡上踊」のほか、香川県の「綾子踊」、09年に単独で無形文化遺産に登録された三浦市の「チャッキラコ」などが含まれる。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする