1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 同期「ツナがり」、三浦で笑顔 09年初当選組の小泉氏と農相

同期「ツナがり」、三浦で笑顔 09年初当選組の小泉氏と農相

政治行政 神奈川新聞  2018年03月19日 10:35

竣工式の鏡開きで笑顔を見せる(右から)小泉氏、吉田英男市長、斎藤農相=三浦市内
竣工式の鏡開きで笑顔を見せる(右から)小泉氏、吉田英男市長、斎藤農相=三浦市内

 自民党筆頭副幹事長の小泉進次郎氏(衆院11区)と斎藤健農林水産相(千葉7区)が18日、三浦市低温卸売市場の竣工(しゅんこう)式で顔をそろえた。2009年初当選の4期目の同期生で、苦楽を共にしてきた。

 自民が大敗し下野した同年の総選挙で議席を得た同党の新人は、両氏に加え伊東良孝氏(北海道7区)、橘慶一郎氏(富山3区)のみ。「自民再生の四天王」と評された。

 そろって議会運営委員会に所属するなど、本来なら広く分散して新人に託されるはずの下働きを一手に引き受けた。巨大与党(当時の民主党)を相手に悲哀も味わっただけに、4人の結束は今なお固い。関係を知る吉田英男三浦市長が小泉氏へ「大臣を連れてきて」と直訴したという。

 式典で小泉氏は「三浦を農相が訪れたのは何十年ぶりだろうか。マグロの街だけに同期の『ツナがり』は本当にありがたい」などとあいさつ。斎藤氏は取材に「(五輪連覇を果たした)羽生結弦選手が、けがに腐らず努力で活路を開いたことを思い出した」と前置きし、「同期4人で苦労を重ねた日々があったからこそ、今日のような晴れの日がある」と結んだ。 


衆院議運に顔をそろえた伊東、小泉、斎藤、橘の4氏(写真手前右から)=2010年12月
衆院議運に顔をそろえた伊東、小泉、斎藤、橘の4氏(写真手前右から)=2010年12月

シェアする