1. ホーム
  2. 話題
  3. 三崎に日本初の冷凍マグロ専用市場

三崎に日本初の冷凍マグロ専用市場

話題 神奈川新聞  2018年03月19日 02:00

竣工式でテープカットを行う関係者ら=三浦市三崎
竣工式でテープカットを行う関係者ら=三浦市三崎

 全国有数のマグロ水揚げ基地・三崎漁港にオープンする日本初となる冷凍マグロ専用の低温卸売市場の竣工(しゅんこう)式が18日、三崎魚市場(三浦市三崎)で開かれた。関係者ら約130人が参加し、“マグロ日本一”の再興を願った。

 新市場は鉄骨造2階建ての完全閉鎖型。陳列室は15度前後の低温設定で、床面は魚体が傷まないよう滑りやすい塗装を施して品質や衛生管理を徹底する。市が国補助金を活用し、市場隣接地に約19億6千万円で整備した。

 式典で吉田英男市長は「器は造ったので(水産業者に)魂を入れてほしい。日本一のマグロの市場を目指したい」とあいさつ。斎藤健農相は「世界に冠たる施設となり、日本の水産業の改革の先取りになったと言われるよう努力したい」と述べた。

 鏡開きや威勢の良い三本締め、テープカットも催された。新市場での取引は4月中旬から行われる予定。


シェアする