1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 自治基本条例案、「再議」の末に可決 松田町議会

自治基本条例案、「再議」の末に可決 松田町議会

政治行政 神奈川新聞  2018年03月17日 11:11

 松田町が昨年の町議会12月定例会に上程し、継続審査となっていた自治基本条例案は、本山博幸町長が議決のやり直しを求める「再議」に付した末に、15日の本会議で原案通り可決された。再議は地方自治法に基づく「拒否権」に当たる手続き。

 同条例案は7日の本会議で、原案、修正案とも可否同数で議長裁決により否決された。これに対し、本山町長は、可否同数となった場合は投票を実施すると定める町議会会議規則に反するとして、9日に再議書を議長に提出。15日の本会議で再び採決され、原案が賛成多数で可決された。

 同条例案は、公募の町民などを交えて2016年度から16回にわたって審議会を開催した後、町が町の最高規範として町議会12月定例会に提出。継続審査となり、町議会審査特別委員会では、会議の公開についての条文を追加した修正案が可決されていた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会