1. ホーム
  2. 経済
  3. 車椅子対応のスロープ装備 日産、来春発売「セレナ」

車椅子対応のスロープ装備 日産、来春発売「セレナ」

経済 神奈川新聞  2016年10月13日 12:56

来春発売予定で車椅子対応のスロープを備えた新型「セレナ」と星野専務執行役員=東京都江東区の東京ビッグサイト
来春発売予定で車椅子対応のスロープを備えた新型「セレナ」と星野専務執行役員=東京都江東区の東京ビッグサイト

 日産自動車(横浜市西区)は来春、ミニバン「セレナ」に車椅子の人が乗降できるようスロープを備えた福祉車両を発売する。12日から都内で始まった国際福祉機器展で実車を初披露。通常のセレナと同様に単一車線での自動運転機能もオプションで選択でき、星野朝子専務執行役員は「福祉の現場でもお役立ていただきたい技術」とアピールした。

 発売するのは、セレナの「チェアキャブ スロープタイプ」。車体後部から手動でスロープを引き出すことで、車椅子に乗ったままバックドアから乗降ができる。コミュニケーションの取りやすさや視界の良さなど考慮し、シート2列目の運転席のより近くに車椅子が固定できるよう改良。担当者は販売見通しについて「年間500~800台」とした。

 同社は福祉車両を「ライフケアビークル」(LV)と位置づけ、ラインアップの充実に取り組む。星野専務執行役員はLVでの自動運転技術の普及について「運転者の負担軽減や事故回避の面から、確実に重要になる。LVとの親和性は高い」などと意欲的な見方を示した。


シェアする