1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. 熾烈極める1軍枠 3月14日・楽天戦

オープン戦・横浜DeNA6-4楽天
熾烈極める1軍枠 3月14日・楽天戦

ベイスターズ 神奈川新聞  2018年03月15日 02:00

楽天戦でホームランを放った(左から)乙坂、ソト、楠本=静岡(共同)
楽天戦でホームランを放った(左から)乙坂、ソト、楠本=静岡(共同)

【フルマーク】厚い選手層に“悲鳴” 


「まだまだ悩むよ」。ラミレス監督がそう言えば、青山ヘッドコーチも「やばいね。開幕ギリギリまで決められない」と頭を抱える。ともに表情は笑顔そのものだ。

 筒香、桑原、梶谷に次ぐバックアッププレーヤーの座を懸けた外野の控え争い。若手5選手のデッドヒートが熾烈(しれつ)を極めている。

 一人のアーチがライバルの一発を呼び、この日は3選手がオープン戦2号をそろってスタンドに突き刺した。乙坂が三回に放ったソロを号砲に、四回はソトが右方向に流し打ち。七回にはドラフト8位の楠本(東北福祉大)が、右翼ポール際まで軽々と運んだ。

 1軍の経験豊富な乙坂が「風です。周りは意識していないです」とクールに振る舞えば、オープン戦打率5割3分8厘の楠本は「ベンチから相手投手の配球を分析した。アピール? まだできていない」と物足りない様子だ。

 3人のほかにも、2年目佐野は打率4割7分6厘、チームトップ7打点の打力に加え、緊急時には捕手もこなせる。走攻守そろったドラフト2位の神里(日本生命)はこの日、大和に並んでチームトップ3個目の盗塁を決めた。

 さらに指揮官が「2軍で安定した成績を残してほしい」と期待した細川は、この日の春季教育リーグで3試合連続となるアーチを放って3戦4発と絶好調だ。「一番調子のいい選手を使いたい」と指揮官。残り8試合のオープン戦の重みが日を追うごとに増している。

熊原1失点、5回好投も辛口評価


 開幕ローテーション入りを目指す3年目の右腕熊原が5回1失点。昨春までなら評価されただろうが、優勝を目指しているラミレス監督は「期待したような投球ではなかった。先発として1年間働くにはまだ足りない」と厳しい評価だ。

 初回2死一塁では4番ウィーラー、三回2死二塁では5番内田に対し、低めに沈めて空振り三振を奪った。直球の制球が乱れても、チェンジアップを生かすことで「去年のように大崩れしなくなった」と手応えをにじませる。しかし、ボールが先行して五回までに3四球で86球を要した。

 入団から2年で4勝。オフに背番号1も剥奪され、強烈なアピールが必要な立場であるだけに、篠原投手コーチも「打者をどう抑えるか意図があまり伝わってこなかった」と苦い表情を浮かべ、次の登板予定は白紙であることを明かす。

 オープン戦は3試合で15回を投げて防御率1・80と結果を出し続けている。それでも危機感を抱く右腕は「結果だけが良くても喜べない。イニングに対して球数が多すぎ。次のチャンスがあれば少なくしないといけない」と笑顔はなかった。
 

ラミちゃん☆ゲッツ


「オープン戦首位浮上? この時期だから順位はあまり関係ないけど、いい野球ができていることの裏付けとしてこの順位にいるんだと思う」

疲労考慮し筒香欠場


 キャプテン筒香が楽天戦を欠場。今月3、4日に出場した日本代表強化試合での疲労などを考慮したといい、ラミレス監督は「ロペス、宮崎も休ませる予定だったけど2人は出場を志願した」と理由を説明した。

 16日からのオリックスとの3連戦では筒香をオープン戦で初めてフル出場させるという。 (静岡)


7回、DeNA・楠本が右越えに本塁打を放つ=静岡(共同)
7回、DeNA・楠本が右越えに本塁打を放つ=静岡(共同)

4回、DeNA・ソトが右越えに本塁打を放つ=静岡(共同)
4回、DeNA・ソトが右越えに本塁打を放つ=静岡(共同)

3回、DeNA・乙坂が右越えに本塁打を放つ=静岡(共同)
3回、DeNA・乙坂が右越えに本塁打を放つ=静岡(共同)

楽天戦に先発し、5回1失点のDeNA・熊原=静岡(共同)
楽天戦に先発し、5回1失点のDeNA・熊原=静岡(共同)

シェアする