1. ホーム
  2. 社会
  3. 遺族代理人「共生否定のテロ」 命尊いからこそ極刑求め

やまゆり園 事件考 公判から
遺族代理人「共生否定のテロ」 命尊いからこそ極刑求め

社会 神奈川新聞  2020年02月18日 05:00

事件当時の植松聖被告に精神障害があったか否か、刑事司法の枠組みに沿ってその評価が争われてきた津久井やまゆり園事件の公判。検察側の死刑求刑に続き、量刑に関する意見を述べた遺族や被害者の代理人弁護士は、さらに根源的な「命の尊さ」に踏み込んで極刑を求めた。 美帆さんの遺族代理人は、ナチスによる障害者虐...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする