1. ホーム
  2. 社会
  3. 座間の発砲事件、被告に懲役12年 横浜地裁判決

座間の発砲事件、被告に懲役12年 横浜地裁判決

社会 神奈川新聞  2018年03月15日 02:00

横浜地裁
横浜地裁

 座間市のレストラン駐車場で昨年5月、男性(42)が拳銃で撃たれた事件で、殺人未遂と銃刀法違反の罪に問われた内装業の男(43)=相模原市南区=の裁判員裁判の判決公判が14日、横浜地裁であり、深沢茂之裁判長は懲役12年(求刑懲役15年)を言い渡した。

 深沢裁判長は判決理由で、被害男性と知人の金銭トラブルを仲介して板挟みとなった被告が、男性への恐怖心と怒りから拳銃を持ち出したと指摘。「1メートル以内の至近距離から身体の枢要部に弾丸を発射しており、被告には強固な殺意があった」と認定した上で、発射場所や時間帯からも「公共への危険性が高い状況だった」と非難した。

 判決によると、被告は昨年5月29日午後8時10分ごろ、座間市のレストラン駐車場で、男性の胸部に背後から拳銃を発射して殺害しようとした。男性は重傷を負った。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 横須賀市内で5900軒停電

  2. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  3. ブルーライン延伸、有力ルート案に市民意見募集へ 川崎市

  4. IR考 誘致6割超が反対「カジノ、そぐわない」 横浜で市民調査

  5. サーファー男性が溺れて死ぬ 鵠沼海岸

  6. 【写真特集】台風15号の被害状況

  7. ロマンスカーにはねられ、女性死亡 厚木市内の踏切

  8. 大磯駅前整備、区域を拡大 東側に広場、23日説明会実施

  9. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会